ブログ アクセスアップ アメブロ~Twitter やり方&方法 ホーム » スポンサー広告 » ブログ アクセスアップ SEO »SEO 内部リンクをキーワードを使ったテキストリンクで増やす

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク




★ブログ アクセスアップ サイトマップTOP>>
★ブログランキング攻略 アクセスアップ&ランキングアップ|★アメブロ アクセスアップ&ランキングアップ|
★ブログ/アメブロ アクセスアップ やり方&方法|★ブログ アクセスアップ Twitter|
★ブログ アクセスアップ SEO

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

SEO 内部リンクをキーワードを使ったテキストリンクで増やす  

ブログ アクセスアプ SEO 

 SEO 内部リンクキーワードを使ったテキストリンクで増やす 

ブログアクセスアップは、SEOが肝心。SEOと言えば、ページランクが重要な要素ですが

グーグルさんの世界では、「あるページからほかのページへのリンクをはることは、価値がある」って

考え方があるからです。

SEO ページランク 内部リンク

外部からのリンクは、ブログアクセスアップに貢献してくれますが・・・

外部からのリンクは、なかなか・・してくれませんが、自分のブログのページ同士をつなぐ

内部リンクは、思いどうりに増やせます。(ただし、何事もやりすぎは注意


内部リンクをする際も、たとえば・・・このブログなら

いちごがおすすめするページ

Twitterで、ブログのアクセスアップへ>>

こんなテキストリンクを貼ることによって、ブログ内で、訪問客の誘導も行えますし

テキストリンクのキーワードをグーグルさんが認識することにより、

さらに、グーグルさんのリンク先のページへの理解が深まります・・・


「あっ・・このページは、Twitterで、ブログのアクセスアップ」なんだ

「あっ・・・リンクされてるから、重要なページなんだ」って理解が深まります。

また、リンクすることにより、より便利になり、訪問客にとって有意義なものとなります。

上手くすれば、読んでくれるページも増えますし、適切な誘導リンクなら

利便性はたかります。

つまり・・・ブログの価値を高めることにつながる=評価が高まるということです。

ブログ、アメブロは、記事を更新して、公開しさえすればすべてのページが

つながりますが・・・不完全な部分もあります。

例えば

日記のカテゴリーで「鳥谷選手」の話題が出た時

別のカテゴリーで、甲子園から出てくる鳥谷選手を撮った写真がある記事がすでにあるとすると

その日記の「鳥谷選手」の話題が出たあたりで、鳥谷選手の写真のページにリンクを貼ると

もしかしたら、ページを移動して見てもらうこともあるかもしれませんし、

そのリンクによって、「鳥谷選手」の写真を見れて喜ばれるかもしれません。

リンクを貼らなければ・・・見なかったはずのことです

それが、利便性、ブログの価値を高めるということなんです。

そして、ブログアクセスアップにつながります。

例えば・・・

このようにブログが、二つのカテゴリーに分かれていたら

「カテゴリー 日記」→お食事のはなし→サーカスに行ったはなし→鳥谷選手の話題のはなし

「カテゴリー写真」→庭の花→ワンちゃん→鳥谷選手→虹

カテゴリーの日記の鳥谷選手のページとカテゴリー写真の鳥谷選手のページを

リンクで、結んであげると便利でしょ?

リンクをさせていないと、見ることもないかもしれないし、

言い方を変えれば、鳥谷選手の写真をみてもらえなかった・・だろうし

多くのブログが関連した記事を何個か表示するシステムを採用しておりますが

それは、ただ、カテゴリーの記事を時系列に並べただけのことです。

ブログ内のキーワード同士をつなぐのは、あなたの仕事なんです。

それが、内部リンクを増やすことです。

このように、訪問客の誘導、ページの回遊性を高めることは良いことなんです。

関連性のあるページに自分でテキストリンクを貼ることは、ブログの利便性を高めますので

できるだけ、内部リンクを貼る努力をしてください。


ページランクは、内部より、外部からの被リンクのほうが価値が高いですが

こつこつと、自分のブログの中のページをつなぎ合わせることは、

ブログのアクセスアップにつながる、ブログの価値を高めることに違いは

ないので、内部で、リンクを増やしてください。

内部リンクをつなぐときに、キーワードを含んだテキストリンクにすると

より効果的ですので、

間違っても、こんな感じのリンクは、やめておいてください
       ↓

こちらへどうぞ>>(リンクしていません)

グーグルさんは、リンク先が「こちらへどうぞ>>」って内容だと思ってしまいます。

ブログのアクセスアップ Twitter>>(リンクしてません)

こんなふうに、リンク先のページの重要なキーワードを使って、グーグルさんに

理解してもらいたい、リンク先のページの説明をする感じでリンクさせてください


人間も、グーグルさんも、文脈から、ある程度、リンク先のページの内容を

予測、読み取ることが出来ますが、テキストリンクにキーワードを入れたほうが

人間にも、グーグルさんにも親切ですよね。

内部リンクをたくさん活用して、ブログのアクセスアップに

つなげてください。

内部リンクは、ブログの利便性、価値の向上、ブログアクセスアップ

リンクしているのですから。


関連記事
スポンサーリンク




★ブログ アクセスアップ サイトマップTOP>>
★ブログランキング攻略 アクセスアップ&ランキングアップ|★アメブロ アクセスアップ&ランキングアップ|
★ブログ/アメブロ アクセスアップ やり方&方法|★ブログ アクセスアップ Twitter|
★ブログ アクセスアップ SEO
ブログ アクセスアップ SEOの関連記事

category: ブログ アクセスアップ SEO

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itigo3999.blog.fc2.com/tb.php/268-8788dc85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイトマップ

カテゴリ

リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。