ブログ アクセスアップ アメブロ~Twitter やり方&方法 ホーム » スポンサー広告 » ブログ アクセスアップ SEO »SEO トップページはメニュー形式、サイトマップにする

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク




★ブログ アクセスアップ サイトマップTOP>>
★ブログランキング攻略 アクセスアップ&ランキングアップ|★アメブロ アクセスアップ&ランキングアップ|
★ブログ/アメブロ アクセスアップ やり方&方法|★ブログ アクセスアップ Twitter|
★ブログ アクセスアップ SEO

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

SEO トップページはメニュー形式、サイトマップにする  

ブログ アクセスアップ SEO

 SEO トップページメニュー形式サイトマップにする 

トップページは、メニュー形式にした方が良い・・・。

ブログには、あまり必要では、ないかもしれませんが・・・

アメブロFC2のようなブログサービスの場合は、

ブログ記事を書くと記事ごとを勝手にリンクしてくれるシステムだから

ブログ記事がつながってなくて、インデックスクローラーがたどり着かないって

ことはないだろうけど・・・

より、ユーザー目線にたったブログ作りをする上でも

今回の「トップ―ページは、メニュー形式にする」は、参考になると思います。

ブログ アクセスアップ SEO トップページ
検索さんのインデックスクローラーさんは、多くの場合

ブログ、サイトのトップページから、訪れてきます。

そこから、だだって・・・ページをたどっていってデータを持ち帰るんだけど・・

ブログの場合は、ブログ記事を作成さえすれば、勝手にページはつながりますが・・

サイトなんかだと、ちゃんとトップページからスムーズにたどれない場合、

インデックスクローラーさんがしっかり見てくれないこともあるんです。

だから、ヤフーのトップページを参考にしながら

メニュー形式のトップページにして、リンク先を主要なコーナー、

カテゴリーにつないだ方が、インデックスクローラーさんがリンク先のページに

言ってくれて見てくれる確率が高まります。

な~んだ・・・「ブログは、関係ないや~」ってならないでください。

たしかに、アメブロ、FC2などのブログサービスは

ブログ記事を書きさえすれば、記事同士はつながりますが・・

インデックスクローラーさんと同じように、

人間も、多くの場合トップページから、読み始める場合が

多々あります


そのとき・・

あなたのブログは、トップページからスムーズに

いろんなページにたどり着けますか?

サイドバーにあるカテゴリーボックス、最新記事のボックス

関連記事を5~10記事、下の方に表示するシステム

過去の画像をたどれるシステム

だけに、任せっぱなしにしてないですか?

これらの多くは、アメブロの場合なら

サイドバーに設置したり、ブログの基本設定でONにすれば

良いだけですが・・・

それだけで、訪問者は、あなたのブログで迷子になったり

見てもらいたい記事にたどり着けますか?

インデックスクローラーさんは、つながってくれてさえいれば、

勝手に、たどり着きますが・・・

人間は、そうはいきません。

ひょっとすると、訪れた際のページを見て

すぐに帰ってしまう頻度が高まっているかもしれませんし、

読んでもらいたい記事にたどり着かないかもしれません。

なんの工夫もしなければ、多くの場合

最新の記事を読んで終わり・・・ってことないですか?

SEOは、グーグルさん、ヤフーさんに対する印象を

良くすることではなく、本質は

訪れてくれた人への満足度できまります


訪れてきてくれた人が見たいページ

訪れてきてくれた人に、あなたが見てもらいたいページ

両方とも、すぐにたどり着けるような工夫をしてみると

もっと、良いブログになるでしょ?

サイドバーにツリー形式のカテゴリー分けをしたり、

ヘッダー下に、グローバルメニューを設置する

これらは、主に、訪れてくれた人が記事を探すものです。

こちらから、見てもらいたいページに訪問客に

訪れてもらう工夫・・・特集記事に、訪れてもらうために

サイドバーにそのページへのリンクを貼る

訪問客の目に留まりやすいところに

ページへのリンク、リンクバナーをはる

いろんな工夫ができます。

SEOのために、インデックスクローラーさんが多くのデーターを

持って帰りやすくする工夫も大切ですが、

訪れてくれた人に対する工夫も忘れないでください。

それらの行為は、必ず、訪問客の満足につながり

満足につながるものならば、SEOに役立つはずです。


追伸

内部リンクが多すぎるとSEO的に、減点されるんじゃないかって

話があるんですが・・・

リンクの数は、1ページにつき、100くらいまでなら良い・・

いや、20~30くらいが良い・・などなど。

でも、グーグルのお偉いさんは、それらの問いに対し

明確な答えを出しています。

明確な答えって・・「リンクは、何個なら良い」とかじゃなく

それらが、不自然でなければ

ブログ、サイトに訪れた人のためのものならば、

数は気にしません。

あくまでも、リンクが訪問客満足につながるかどうかが

問題です・・って言ってました。

意図的に、あるページに訪問客を誘導したいから

何億ものリンクを1ページにつないだりしたら

不自然やし、アウトやで~って言ってました。

つまるところ、

訪問客に親切なようにブログ、サイトを作っていれば

内部リンクの数は、それほど

数自体にこだわる必要はないみたいです。

やりすぎ注意って感じ。


個人的には、ほっとした話でした・・・

なんでかって?

こないだブログにどんなリンクがつながってきてくれてるか

調べたら、見かけないところから被リンクをもらっていたんです。

そのリンクをこのブログにつなげているサイトに

行ってみると、

なんか、リンクの数を数えてるへんてこりんな企業のサイトだったんです。

なんで、そんなところがこのスーパーへんてこりんなブログに

リンクを発していたか(つなげていたか)というと・・。

リンクの多さみたいな統計をとってたみたい・・

日本で一位がアメブロとかYouTube

それは・・何となくわかる

そんで・・・

このブログが・・・77位

なんや・・・それ

それで・・このブログ内部リンクが多すぎるんじゃないかって

不安になったんです。

それで、グーグルのお偉いさんの話にたどり着きました。

ちょっと、ほっとしたけど・・

もともと、やりすぎなら

検索順位をさげられたり、ペナルティーで検索表示そのものが

されなくなったり、インデックスすらされないはず・・・

でも、そこそこ・・・良い状態

グーグルの検索順位は、「ブログ アクセスアップ」では、

上に、十数人しかいないし・・・

もうちょっと、内部リンクを減らす努力も必要と

思う・・・実際

カテゴリーが多すぎるので、2層構造ではなく

3層構造にするとか・・・

グローバルメニューを消しちゃう、サイドバーの楽天、パソコン関連のテキストリンク

ああ~ めんどい

確かに、もっと見た目をスッキリさせた方が良いと思うので

そろそろ、リフォームしようかな?

それよりも・・・

記事が長い・・?
関連記事
スポンサーリンク




★ブログ アクセスアップ サイトマップTOP>>
★ブログランキング攻略 アクセスアップ&ランキングアップ|★アメブロ アクセスアップ&ランキングアップ|
★ブログ/アメブロ アクセスアップ やり方&方法|★ブログ アクセスアップ Twitter|
★ブログ アクセスアップ SEO
ブログ アクセスアップ SEOの関連記事

category: ブログ アクセスアップ SEO

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itigo3999.blog.fc2.com/tb.php/255-31294d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイトマップ

カテゴリ

リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。