ブログ アクセスアップ アメブロ~Twitter やり方&方法 ホーム » スポンサー広告 » ブログ アクセスアップ いろんな やり方&方法  »おりじなるペタボタンのつくり方

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク




★ブログ アクセスアップ サイトマップTOP>>
★ブログランキング攻略 アクセスアップ&ランキングアップ|★アメブロ アクセスアップ&ランキングアップ|
★ブログ/アメブロ アクセスアップ やり方&方法|★ブログ アクセスアップ Twitter|
★ブログ アクセスアップ SEO

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

おりじなるペタボタンのつくり方  

アメブロアクセスアップ&ランキングアップ


 HOW TO DO やり方&方法 
 オリジナルペタのつくり方 



オリジナルペタボタンのつくり方を説明するね


最初に、新しく記事を作ります。

その記事に、ペタボタンにしたい画像

はりつけます。

おりじなるペタ アメブロアクセスアップ

はりつけたら、画像の左上からクリックして、右下まで引っ張って

画像を選択します。

画像が全部、青くなったら成功


選択したら、右上のリンクボタンを押します。
       ↓

オリジナルペタ リンク

リンクボタンをクリックしたら、名前をつけて、リンクさせたいページ

この場合は、ペタを実際におすページのURL(ペタを押すページにいって、コピーしてきてね)

URLをペーストしたら決定ボタンで確定させます。
       ↓

オリジナルペタ ペースト


以上で終わりです。

簡単でしょ?

難しく、考えないでください。

ペタボタンは、ペタをおすページへのリンクボタンなんです

画像の代わりに、「ペタを押すページへ」って言葉にしても

大丈夫。可愛らしくないけど・・。

ペタを押すページってこれのことね
      ↓

オリジナルペタ ペタページ


実際に、ペタをおすところのページね

このページのURLをリンクさせるんです。

難しく、考えてはだめですよ~。

「ページのURL」って?

そのページで、右クリックしたら、下に出るやつのことね(ウインドウズ7なら、左上)

http://ameblo.jp/itigo-whtatsup/ってやつ

ちなみに

ページにリンクさせたいときに

最初にブログに訪れた時のページのときは

ブログ、そのものの住所だから、気よつけてください。

/itigo-whatsup/のあとにごちゃごちゃと

文字がついているのが、ページのURLだからね。

実際のこのページのURLはこれ
       ↓
http://itigo3999.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

アメブロから飛んで来た時のURLがこれ
       ↓
http://itigo3999.blog.fc2.com/

ねっ?

違うでしょ?

間違わないようにね~。

繰り返しちゃうね

http://itigo3999.blog.fc2.com/は、ブログ自体の住所のURL

http://itigo3999.blog.fc2.com/blog-entry-15.htmlは、ページのURLの住所

間違わないようにね~。



おりじなるペタボタン
オリジナルペタ いちご




いちごのTwitter 
オリジナルペタ Twitter

Twitterフォロー よろしく~

でも、オリジナルペタボタンとかオリジナルアメンバー募集ボタンが・・・

オリジナルすぎて・・・わからないような感じのやつは

逆効果になっちゃうかも・・・


関連記事
スポンサーリンク




★ブログ アクセスアップ サイトマップTOP>>
★ブログランキング攻略 アクセスアップ&ランキングアップ|★アメブロ アクセスアップ&ランキングアップ|
★ブログ/アメブロ アクセスアップ やり方&方法|★ブログ アクセスアップ Twitter|
★ブログ アクセスアップ SEO
ブログ アクセスアップ いろんな やり方&方法 の関連記事

category: ブログ アクセスアップ いろんな やり方&方法 

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itigo3999.blog.fc2.com/tb.php/15-85ad2f2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイトマップ

カテゴリ

リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。